代表メッセージ

代表取締役 オリバー・リーフ

2020年は正に激動の一年でした。皆さまにお送りするこのメッセージを書いている2020年12月現在、日本を含め、世界中がいつ安全な場所になるのか、 あとどれ程の期間を耐えなければいけないのか、まったく予見できないでいます。

先日、師走恒例の「今年の漢字」が発表されました。2020年は「密」に決定したそうです。 同じ「みつ」なら、スイートな「蜜」であって欲しかったと思います。本来、2020年は東京オリンピックという歴史的・国際的なスポーツの祭典を主催し、 海外からもたくさんのお客さまをお迎えし、多くの歓喜溢れるシーンやそれを共有する人々の温かい笑顔や抱擁で満ちるものと想像していましたが、 残念ながら、飛び交ったのは「換気」や「社会的距離(ソーシャルディスタンス)」でした。人々は集うことができず、個人どうしであっても人的接触を減らす生活を余儀なくされることとなりました。

お客さま、お取引先さまにおかれましては、直面する多くの課題に果敢に打ち勝つエネルギーとパワーをお持ちであることを心よりお祈り申し上げます。 他方、ウイルスは簡単に制御することが難しいことも明らかになってきました。私自身、今回の経験から学んだ美徳は己を知り、謙虚であることでしょうか。 新型コロナウイルス蔓延からの教訓を生かし、2021年を皆さまと共にポスト・コロナの躍進の一年として歩んでいけることを切に願っています。

皆さまのベーカリー・パートナーとして寄り添い、お力になれるよう、今後も一層努力してまいりたいと思います。最後になりましたが、2021年の皆さまのご多幸とビジネスのご隆盛をお祈り申し上げます。